So-net無料ブログ作成

Caro Emerald [オランダ]

オランダ、アムステルダム出身のお洒落なジャズシンガー、Caro Emerald(カロ・エメラルド)のMVをご紹介。サウンド的にはエレクトロ・スウィングであったり、ブレイクビーツ上でスクラッチが入っているようなヒップホップ色などの今風な要素も含まれているので、その辺りのバランス感覚も聴いていて面白いのですが、もっとも特筆すべきはMVのテイストがアール・デコの時代(1910年~30年代)の世界観であったり、古き良き1940~50年代頃の黄金期のハリウッド映画の雰囲気などを彷彿とさせる要素が随所に見受けられる点です。カロ女史が映像面でのクリエイトにどの程度携わっているかはわかりませんが、粋でとってもセンス好いなと動画視聴する度につくづく思います。…と、私の御託はこの程度にして、彼女のイカした感性をご堪能いただければこれ幸い。



先ずはこちら「That Man」。古き良き粋で洒脱な正にジャズ!って感じの曲調なのですが、敢えて今の時代にこの表現を持ってくる辺りが絶妙。温故知新というか、一周回ってとってもハイカラ。



続きましては「Back It Up」。このバックトラックは思いっきりヒップホップなのに歌声や楽器の音色と映像でレトロでジャジーな空気感に持って行く辺り只者ではないなと。



個人的にはこちらの「Tangled Up」のMVがツボ。冒頭のイラスト場面(デザイン・フォントなど諸々含めて)が思いっきりアール・デコ調でニヤリとしました。めっちゃクールだぜ。



こちら「Liquid Lunch」は、見ての通り歌詞を追っていくスタイルのリリックビデオなのですが、このレトロ・アンティーク感がたまらんぜ( ´艸`)



「The Ghost Of You」。こちらのMVがカロ女史の動画との出会い。何となく視聴してみたら見事にハマりました。リミックス・バージョンもアップロードされているので、よろしければ是非。

それでは、また。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。