So-net無料ブログ作成

Серебряная свадьба [ベラルーシ]

ベラルーシのキャバレー・バンド、Серебряная Свадьба(セリブリナヤ・スヴァディバ)をご紹介。このバンド、MVや音楽性のセンスが斜め上の方向でかなりぶっ飛んでます(笑)日本で例えるとEGO-WRAPPIN'やチャラン・ポ・ランタンなどに近い感じといえばよろしいかなと。



先ずはメロディーラインがどことなく懐かしさを感じさせるスラブ民謡(ロシア歌唱曲)的でベラルーシ語?ロシア語?の巻き舌具合が気持ちいいシャンソン調の楽曲「Пилоты(ピローティ:パイロット)」をご賞味あれ。



続きましてはオールディーズ的なギターサウンドが特徴的で爽やかなポップス風味な楽曲「Жизненный опыт(ズイジニィ・オペッツ:人生経験)」。流麗できれいなロシア語?ベラルーシ語?のメロディーは秀逸で、ポップスとしても洗練されていてかなり良い。…にも関わらず、映像面でのセンス(場面展開や表情やら諸々)が何というか、まあロシア語圏には多いのですが、だいぶ斜め上なセンスで何を追求しようとしているのか理解し難く、ツッコミどころが満載というか。しかし、この楽曲・MVでさえこのバンドのMVではわかりやすくキャッチーなレベルでした。



お次は「Adieu, la tête」です。はい。サムネイルの時点でこれ視聴したらやばいヤツなんじゃあないのかな?感が半端ないですが( ´艸`)ぜひぜひ視聴いたしませう。いきなりロック(メタル)色をぶっ込んでくる1:30辺りまで。ちなみに「Adieu, la tête」はこの他にも幾つか別バージョンのMVがありました。



この「потанцевала(パタンツェヴァラ:ダンス)」も良曲です。シャンソン系の楽曲かと思いきや、レゲエ調にもってくるセンスがとっても素敵。



詰め込み系のロシア語?ベラルーシ語?が特徴的で陰鬱めな「Ag」。ただ縦ノリなパンク色が含まれているというだけでなく、中盤以降からボーカルレスになり、ひたすらプログレッシブでオルタナティブ且つドープな方面を追求して遊んでいる辺り、ただ珍妙なだけでなくクールな側面もあるってことを、まざまざと思い知らせれました。



「Музыка - всё!(ムージカ・フショー:音楽は全てです!)」も興味深い楽曲です。音色がトイ系で面白おかしく可愛らしい感じなのが面白いのは勿論、ボーカルのБенька(ベンカ)女史の歌声で老若男女問わず惹き込む部分。その辺りのポテンシャルが凄く高いなと思います。ただ仮装力が高いだけでなく、しっかりと歌唱力も高く、サウンド的にもバラエティー豊かで、ユニークでぶっ飛んだ素晴らしいバンドだなと思います。

以上です。ご閲覧・ご視聴ありがとうございました。それでは、また(´ω`)ノ
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。