So-net無料ブログ作成

Елизавета Антонова [ロシア]

ロシアのフォークミュージック(スラブ民謡)やクラシックなど歌う正にロシア民謡(スラブ民謡)の申し子のような存在であるЕлизавета Антонова(エリザベータ・アントーノヴァ)の歌唱動画を幾つかご紹介。因みに「Елизавета Антонова」と検索すると1904年生まれのオペラ歌手の方のエリザベータ・アントーノヴァさんがヒットしますが、今回ご紹介するのは1996年生まれのエリザベータちゃんです。先ずは一曲ご視聴あれ。



「Ой у вишневом у саду」です。こちらはざっと調べてみたところ、様々な方々が歌っている民謡(歌唱曲?)のようですが、ちょいとオリジナルの起源などがいまいち掴めませんでした。うーむ、ロシア発というよりウクライナの民謡のようですね。しかし、表記や歌唱言語はロシア語ではないかなと思います。2015年12月に公開された動画ですので、この頃は18~19歳辺りでこの驚異的な歌声。たまげました。



「Саратовские припевки」です。これもモダンミュージックの類いの歌唱とは一線を画したクラシカルというかシャンソン的というか、もっとレトロでフォークな感じの歌い手で、しかもこの貫禄。こりゃあ只者ではない。2013年にアップロードされている動画なので17歳以下でこの空気感と表現力。もっとエリザベータちゃんのことを知りたい!と思い検索し更に掘り下げ、様々な動画を視聴してみたところ、どうやら彼女は少女の頃から舞台に立ち、ロシア民謡を歌唱披露していました。いわゆる神童や天才少女的なポジションですね。



「Позарастали стёжки-дорожки」です。ロシアン・シャンソンですな。この哀愁が露西亜!って感じで吾輩たまりませぬ( ´ω`)y─┛~~



「Валенки」です。だんだんと楽曲の速度が上昇してゆく感じも、東スラブ系の歌曲ではお馴染みの展開ですが、このウォッカの酔い的縦ノリ感、私は大好きですd(´∀`*)



「Кузнец」です。やはりルーマニアやブルガリアやポーランドなどの文化圏のフォークミュージックとは異なり、衣装や音色などからどことなくトルコ系やモンゴル系のアジアン色が垣間見える感じがロシアだなと思います。

以上です。ご閲覧、ご視聴ありがとうございました。それでは、また(´ω`)ノ
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント