So-net無料ブログ作成

Skindred [イギリス]

そろそろ騒がしい轟音や男性ボーカルの楽曲、グループなどもご紹介しておきたい。もとい、記事としてまとめておいて私自身も容易に視聴できるようにしておきたい。という訳で英国出身のニューメタル、ラガメタル(Ragga metal)バンドのSkindred(スキンドレッド)のMVを貼り付けていきます。





先ずはかなりポップめでキャッチーな楽曲「Pressure」からどうぞ。MVの方は明らかに画質というか解像度が残念だけれども、致し方なし。「Pressure」のMVは後にも先にもこちらしか見当たりませぬゆえ。フォトコラージュ(フォトモンタージュ)形式の映像表現もオシャンティーです。これで2002年の楽曲なのですが、現代でも通じるというか、いつ聴いても格好良い楽曲です。アコースティックバージョンと併せて楽曲の良さやポテンシャルの高さを感じて頂ければと。





続きましてはTHE・ラガメタルでっせ!な「Nobody」のMVと2013年ロシアの音楽フェスでのライブ映像。こちらも2002年の楽曲です。現代ではミクスチャーロックやニューメタルなどというカテゴライズされた言葉がある位、異なるジャンル間の融合などはまったく珍しくはないですが、レゲエ+パンク+メタルこの辺りの融合体としては唯一無二のオリジネーターだと思います。そもそも、ボーカルのBenji Webbe(ベンジー・ウェッブ)とギターのJeff Rose(ジェフ・ローズ)とドラムのMartyn Ford(マーティン・フォード)の3名はDub War(ダブ・ウォー)というグループで92年から既にレゲエとヘヴィロックのミクスチャーサウンドをやっていたので活動歴は随分と長いです。
※現在はジェフ・ローズもマーティン・フォードもスキンドレッドからは脱退しています。



「Rat Race」のMVです。リリースされたのは2007年。楽器のサウンドはラウドで轟音だけれども、ボーカルのベンジーのレゲエの暖かな歌声と絡み合った際の絶妙なハーモニーがスキンドレッドの魅力かなと思っています(^-^)



「Trouble」のMVです。こちらもリリースされたのは2007年。2010年以前の辺りまでの楽曲の方がキレがあってラガメタルでっせ感も明確で個人的に好きなのです。



ヴァース部分のブレイクビーツとループのメロディがHouse Of Pain(ハウスオブペイン)の「Jump Around」で、MVの歩き回る感じとニューメタル的なサウンドの構成としてはLimp Bizkit(リンプビズキット)の「Nookie」を彷彿とさせる楽曲の「Kill The Power」のMVです。何ゆえ、撮影地がインド?

以上です。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加いたしました。適当にポチって頂けると嬉しい限り。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。