So-net無料ブログ作成
-| 2017年10月 |2017年11月 ブログトップ
前の10件 | -

Barcelona Gipsy Klezmer Orchestra [スペイン]

スペインのバルセロナ発多国籍バンド、Barcelona Gipsy Klezmer Orchestra(バルセロナ・ジプシー・クレズマー・オーケストラ)略してBGKOをご紹介。ジプシーミュージック=ロマ音楽のことで、クレズマーとは、東欧系ユダヤ(イディッシュ)、アシュケナジムの民謡をルーツに持つ音楽ジャンルのこと。と言っても何のこっちゃ?かと思いますが、「ドナドナ」などの民謡がこのクレズマーに含まれます。他にはジャズの要素なども濃厚なバンドです。…何はともあれ、先ずは動画をご視聴あれ!



それでは、メンバーのご紹介。ハットを被った伊達男風味のギタリストのジュリアンはフランス出身。インド系のクラリネット奏者のロビンドロはスペイン、バルセロナ出身。メガネのアコーディオン奏者のマッティアはイタリア。オールバックの強面ベーシストのイヴァンはセルビア出身。木箱の打楽器などで中東~南欧の地中海風味のリズムを刻むパーカッション担当のステリオスはギリシャ。ボーカリストのサンドラがスペイン、カタルーニャ出身。この国籍の垣根を越えて溶け合っている感じはスペインのバルセロナという開放的な土壌があってこそなのかもしれませんが、何よりも楽し気にセッションしている様子を見ているとこちらも盛り上がってきますね。

それから、この「Cigani Ljubiat Pesnji 」という楽曲に関しては、どことなくスラブ的な哀愁を帯びたメロディーだなあと思っていたら、YouTubeの説明に「'Cigani Ljubiat Pesnji' is a traditional Russian and Gypsy song performed by BGKO. 」と記載されていました。要するにロシア語混じりのジプシーソングということのようで、なるほど。腑に落ちました。^^



何というか、音に最近のデジタル色は一切皆無で、このどこか懐かしくもありつつ、逆に新鮮な感じが、正に「ジプシークレズマー」たる由縁なのだとも思えてきます。





ボーカルレスのインスト楽曲も、それぞれの演奏が絶妙な距離間を保ちつつ、出たり引いたりしながらの駆け引き感もあり、良い味を出し合っていてとても心地好いです。



最近(2017年)のMVはこちら。映像的に面白い。映像が面白い分、結構起伏のない割と単調めな楽曲なのかと高を括っていたら、2:25辺りから転調してくるので、このバンド、やはり只者じゃあないっ!!ヽ((◎д◎ ))ゝ



締めは、本日(2017年10月30日)のつい先程アップロードされたばかりのライブ動画をお届け!セルビアのフルート奏者ボラ・ドゥギッチとの演奏です。このバンド、やはり只者じゃあないっ!!ヽ((◎д◎ ))ゝ
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Watcha Clan [フランス]

拙ブログを開設する前から、音楽ブログを立ち上げたら、このバンドは必ず取り上げねば!と思っていた方々をご紹介。

フランスのマルセイユを拠点に活動する(活動していた?)汎地中海的多国籍要素満載な、知る人ぞ知るバンドのWatcha Clan(ワッチャ・クラン)です。



こちらの「ELI(エリ)」という楽曲のライブ映像を2009年頃に初めて視聴した時に、吃驚仰天しました。プログラミングの白いフード付きのアラビックな貫頭衣のようなものを着た怪しい人いるし、ベースがウッドベースで、ボーカルのアフリカン的風貌のドレッドヘアーの子の動作、歌声、カリスマ性がとっても好い感じで、リズムはドラムンベースで視覚的にも、音楽的にも唯一無二の存在感。何じゃこりゃ…格好良い素敵なグループが出現してきたな!こりゃあ注目されるなと思いました。





楽曲によって表現している音楽性は本当に雑多且つユニークで、ドラムンベース(ジャングルビート)あり、ダブ、レゲエあり、バルカン・ジブシーミュージック的要素ありで、エキゾチックな地中海各国の民族音楽と電子音楽の融合といった風情です。彼らはヨーロッパ各国では「Global Beats(グローバルビーツ)」と呼ばれ、「French Global Beats Movement(フレンチ・グローバルビーツ・ムーブメント)」の火付け役としてこの辺りの民族音楽系ダンスミュージックのシーンを牽引してきました。



実は日本でも2010年に東京日仏学院で開催中の「地中海ウィーク」というイベント期間に「Watcha Clan 来日公演」を行ってたようです。いやあ~…当時は知らなんだ。情報を掴んでいたらライブは観てみたかったですヽ(;´ω`)ノ



2011年リリースのアルバム「RADIO BABEL」以降、暫く情報を追っていなかったので、調べてみたのですが、特に新作の発売もなく、目立ったライブ活動もしておらず、いつの間にやらボーカルのSista K(シスタカ)がSisKa(シスカ)と名を変えてソロデビューしてしまっていて、動画を視聴してみたところ、ほぼ英語で歌っていました。決して悪くはないのですが、何というか「コレジャナイ感」を抱いてしまったのは私だけではないはず…。うーむ、彼女のポテンシャルの高さ、ソロでも充分通用していけるキャラクターやカリスマ性を持っていることは、重々承知していたけれども、下手にアメリカ商業色が付いて、つまらないありきたりな存在になって欲しくないというか…。正直、Watcha ClanでのSista Kが私は好きなのですよ!Watcha Clanの再始動を切に願います!!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Areti Ketime & Shantel [ギリシャ]

東西から様々な文化が入り混じるバルカン半島南端の国、ギリシャらしさ溢れる素敵なMVを発見したのでご紹介。



こちらはギリシャの歌手Areti Ketime / Αρετή Κετιμέ(アレッティ・ケティメ)と、いわゆるジプシー音楽や地中海地域のアラビックな旋律と、現代音楽を融合させたジプシー・ディスコ=バルカン・ビート、バルカンビーツ(Balkan Beats)の生みの親であり、「バルカン・ビートの始皇帝」とも呼ばれるShantel(シャンテル)の「EastWest / Δύση και Ανατολή(意味は東西)」という楽曲です。オスマン帝国時代を彷彿とさせるようなオリエンタルなトルコ的な民族衣装を身に纏っているような方もいらっしゃれば、如何にもヨーロッパ的な民族衣装の方もいらっしゃいます。他の欧州地域の文化圏とは違い、地中海の特にエーゲ海方面の独特な解放感や、バルカン半島南端という地域の文化や歴史からくる特殊性が、エキゾチックな魅力を形成しているのだと思います。



上記も同じ内容の動画なのですが、サムネイルの違いって大きいなと。(貼り付け後は同じ人物が表示?スマホで閲覧時は同じ人物のアングル違い)まあ、先にアップロードしているのはこちらの方だったりするので、その点でも再生回数の違いなどは致し方ないのかもしれません。因みに、こちらのサムネイルの印象的な容貌のバルカン地方の民族衣装の女性の方、シャンテルさんの「VIVA DIASPORA(ヴィヴァ・ディアスポラ)」というアルバムのジャケットにもなっている方でした。

他にもアレッティちゃんのMVなど探したのですが、これといって特に見当たらない残念なパターンです(笑)お察し下さい。と、いう訳で今回は以上です。それでは、また。
nice!(1)  コメント(0) 

Faun [ドイツ]

ペイガンフォーク(Pagan folk)、ネオ・メディバル・ミュージック(Neo-Medieval music=新たな中世音楽)、フォークロックなど様々なジャンルに分類されているドイツのFaun(ファウン)というバンドの楽曲動画をご紹介。



こちらの「Federkleid(フィーダクラィツ)」の歌い出し(Aメロ)のメロディーラインが思いっきりロシアのポーリュシカ・ポーレ(Полюшко-поле)なのが気になりましたが(動画はこちら)、そこにツッコミを入れてしまうのは野暮かなと( ´艸`)ファンタジーな衣装の属性的にはケルトというかヴァイキングというか、ゲルマン民族風なのでしょうかね。一応ゲルマン民族(ドイツ語「Germanen」でも)で画像検索を試み、調べてはみましたが、正直よくわかりません(笑)



音楽的に、ぱっと聴いた印象ではケルティックミュージックのような色彩が強いのかな?という印象でしたが、ドイツ語の響きが特徴的で、ケルト・アイリッシュミュージックなどとは違った西欧の大地的な、突き抜けた爽やかさを感じます。女性のツインボーカルというのも割と珍しいですし、新鮮です。



上記動画の楽曲名、「Walpurgisnacht(ヴァルプルギスナハト)」を調べたところ、「ヴァルプルギスの夜」という中欧や北欧で広く行われる行事のことのようです。西欧にキリスト教が浸透する前に信仰されていた、土着のケルト神話や北欧神話など、多神教アニミズム的な儀式の名残なのでしょうね。





良曲多し。というか1998年から活動しているバンドなのでそれなりに長いキャリアを積んでいます。それから、メンバー各々が様々な楽器を演奏できる点も、楽曲の幅を広げる上で大きな強みになっていると思います。

という訳で、今回はこの辺りで。それでは、また。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Туана [ロシア]

ロシアの歌手のТуана(トゥアナ)の「Молитва(マリトヴァ)」という2007年のこちらのMVをご紹介いたします。



讃美歌も組み込まれていて、頭髪から知恵の樹的なものが生えていたり、旧約聖書的な世界観をモチーフにしつつも、何故かグラゴル文字古代教会スラヴ語の文字や、ヘブライ文字ではなく、どことなくアラビア文字に近いようなものが表示されていたりと、幻想的で宗教色も濃くなかなかの謎展開です。何というか、この楽曲に関しては、ニューエイジ・ミュージックといった方が相応しい感じですね。世界観や曲調など、何となくEnigma(エニグマ)っぽいですし。

楽曲名の「Молитва(マリトヴァ)」は英訳すると、「Prayer」=「祈り」です。他の楽曲もこの手の神秘的且つ、そこはかとなく妖しめな濃いテイストの神動画なのでは?と期待に胸を膨らませ、他の動画も視聴してみたところ、残念ながらこちらの楽曲のみでした。と、いうかオフィシャルと思われるアカウントでのアップロード動画(MV)が3曲ほどしかございませぬ!( ;´_ゝ`)

ロシア語で「Туана певица(トゥアナ 歌手)」と検索して掴んだ情報は、振付師やバレエなどご経験があったこと(どうりで動作が艶めかしいな訳だなと納得!)と、ユニバーサルミュージックロシア(Universal Music Russia)に所属し、音源を出していたこと。いずれも2009年辺りまでの情報で、現在はもう歌手活動はしていないのかもしれませんね。

極東の島国の一人の人間が、楽曲発表から10年を経過後に、こうやってひとつの記事として残し、伝えてゆくことに僅かでも何か意義があると良いなと思っています。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Потап и Настя [ウクライナ]

ウクライナの人気ヒップホップ、ポップスデュオの、Потап и Настя(パタップ・イ・ナスチャ)をご紹介。



もう何というか、この楽曲と映像に関しては、J-POP並のどキャッチーさと、出演者の明後日の方向を眺める視線や、味わい深いお澄まし顔に面喰らいました。うおっ!ロシア語圏にも、突き抜けた感じのセンスの良さと、キャッチーな笑いのセンスを持った表現者がついに現われたかと。こういうレトロな質感も個人的に好みですし、後半からのおバカな展開にも非常に好感が持てます。主にラップをしているハゲのおっさんの方がポタップ(ロシア語発音ではパタップ)で、パワフルで健康的な色気がある女性シンガーの方がナスチャです。

楽曲名の「Чумачечая Весна」の意味を検索したところ、先ず「Весна」は「春」という意味で「Чумачечая(チュマチェーチャヤ)」という言葉は造語らしく、響きの近い「Сумасшедшая(スマシェートシャヤ)」という言葉には「狂った」という意味合いがあり、それをちょいともじったようなニュアンスらしいです。因みに某翻訳サイトで頂いたご返答は「クレイジースプリング」うん。ほぼ間違いないかろうかと。



お次の動画はこちら。ぶっちゃけ映像は見ない方が良い位に、お下品でどストレートな如何にもメイクマネー万歳!成金THE・ヒップホップロシア語圏バージョンといった感じで、目を見張るべき点はほぼ皆無なのですが(笑)随所に施されているスラブ民謡的な音色使いと、歯切れの好いロシア語ラップは繰り返して聴きたくなるような癖になる魅力がありコヤツラ、侮れません。



続きましてはこちらの動画(楽曲の開始は1:12辺りから)。シリアス方面な雰囲気の楽曲・世界観も格好良い。メインは羽根の生えた鳥人の女性。その羽根を切り取り、鳥人としての側面を捨て去る儀式の様子。羽を切り取ったおそらく恋人風の厳めしいナイスガイの背中にも傷痕があり、かつては鳥人だった…。といったストーリー内容ですね。このディオのポテンシャルの高さの断片でも感じて頂けたのではないかと思います。他の動画も面白味があるので、ご興味が湧いた方は色々掘り下げてみて下さい。

楽曲名の「Бумдиггибай(ブンディグリィバイ?)」の意味は不明。ロシア語→英語などでも訳が表示されないため、何かの方言をもじったものなのか、はたまた隠語(スラング)的なものなのかもしれませんが、詳細不明です。



こちらの楽し気な動画で締めといたしませう。楽曲名の「Вместе(ヴミェースチェ)」は「一緒に」という意味で英語の「Together」に当たります。そうです。ライヴニューでトゥギャザーしようぜ!的なノリです。わりとどうでも良いことですが、楽曲中の「Вместе!」のサンプリングの掛け声音では「ミェースチェッ!」とか「ミスティッ!」って聴こえますよね。

今回はこの辺りで。それでは、また。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Korpiklaani [フィンランド]

今回は通称「森メタル」や「旅メタル」などと呼ばれることもあるフィンランドのフォーク・メタルバンドのKorpiklaani(コルピクラーニ)という陽気で愉快なおっさん達をこの辺りで消化…もとい、ご紹介しておこうかと思います。



一発目はこれ。端的に「コルピクラーニとはこんなヤツラです」を表した動画として、風貌・映像内容的にも、この「Vodka(ヴォトカ=ウォッカ)」が最適(笑)音楽性もまさに一聴していただければお分かりかと思いますが、民俗音楽(フォークミュージック)とヘヴィメタルの融合です。\(゚∀゚)/ヴォトカッ!!



アルコールドリンク名ソングが定番になっているご様子で、「Tequila(テキーラ)」もあります。テキーラだけにメキシーコだとかアミーゴなどと熱唱なさっております( ´艸`) 因みにというか、案の定「beer beer(ビール・ビール)」なんてものもありましたが、聴くに堪えない楽曲のため省きます(笑)「Vodka」と「Tequila」は楽曲だけ聴いててもバラエティーに富んでいて愉快ですが。



他に面白いのはなかろうか?と探ってみた結果、こちらの「FC Lahti(FCラハティ)」の応援ソングがありました( ´艸`) メタルバンドがガチでサッカーのクラブチームを応援している内容のMVってシュールで素敵だなと。後半の「ライララ、ラララァ~イ♪」辺りから、ラストスパートをかけるかの如くスパークさせるところが、いかにも東欧・北欧方面のフォークミュージックらしさが溢れていて私は好きです!d(´∀`d)



締めはこちら。おそらく世界的にもフィンランドの民謡として、もっともポピュラーであろう「Ievan polkka(イエヴァン・ポルッカ)」のメタルバージョンをお届け。もうちょっとボーカルがちゃんと歌ってフィドル(バイオリン)とかアコーディオンの音色を前に出してくれた方が、メタルの轟音と相乗効果が出て良いのにな…と個人的に思ってしまうところなんぞもありますが、イエヴァン・ポルカでダイブしている方々が沢山いる様子であったり、いかついおっさん二人が仲良く腕組みして回転踊りしているご様子など、なかなかお目にかかれない貴重な絵面だと思います(笑)

余談ですが、コルピクラーニのCDの邦題の楽曲名などが、自由気ままにやり放題で、かなり遊んじゃっている状態で、とっても面白いので、こちらも貼り付けておきます。フィンランドの森メタルバンド、コルピクラーニの邦題がおかしいw

それでは、また。\(゚∀゚)/ヴォトカッ!!
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Laboratorium Pieśni [ポーランド]

ポーランドのLaboratorium Pieśni(ラボラトリウム・ピエシニ)という興味深いグループ(女性合唱団)を発見いたしましたので、ご紹介。



この動画内では、まるでネイティブ・アメリカンやエスニック民族風の衣装を身にまとい、全体的に土臭くシャーマニックな世界観ではありますが、歌唱的にはスラブ民謡や、東ヨーロッパ的な伝統音楽の旋律なので、とっても不思議な味わい。そして関連動画に「Sztoj Pa Moru (Belarusian Folk Song) 」ああ、なるほど。楽曲の「Sztoj pa moru」はベラルーシ民謡のようです。ゆえに「Што й па мору」とキリル文字表記があるわけですね。謎が解けました。ふふふ…私の直感は概ね当たっていたようです(笑)しかも、それだけではなく、どことなく音楽的にフィンランドのフォークソングバンドのヴァルティナ(Värttinä)のアカペラ楽曲にも近いものがあったな…などと思っていたら既に一緒にセッションしている動画もありました。

このグループについて調べてみると、ヨーロッパの伝統的なポリフォニーという声楽の歌唱手法を用いて、ウクライナ、バルカン、ポーランド、ベラルーシ、ジョージア、スカンジナビアなど、様々な所から世界中の歌を演奏するグループです。というような内容がオフィシャルウェブサイトに記載されています。



楽曲名「Oj ty rzeko(オイ・テ・ジェコォ)」はポーランド語で「Oj (感嘆符)」「ty(あなた)」「rzeko(川)」なので、意味合い的には「ああ、あなたの川よ」といった感じでせうか。



彼女たちの歌声には良い意味で土俗的というか、シャーマニックな質感もありつつ、讃美歌や聖歌(特に無伴奏の東方正教会聖歌)などの宗教音楽などとも近しいソウルフルな部分があり、魂を揺さぶられつつも、癒されるような印象を受けるのは、きっと私だけではないはず。女性特有の力強さも大きな特徴かと思います。



こちらの「Koło mego ogródecka(コォウォ・メゴ・オグゥルデツカ)」は、グールグ先生の翻訳では「私の庭園」といった意味でした。おばあちゃんに演奏を聴かせつつ何か思い出しているような素振りが見て取れるので、古いポーランドの民謡か何かかな?と思って調べてみましたが、楽曲のタイトルのみで検索しても、いまいち真相は掴めませんね。歌詞の元となっている詩の内容が、古くからポーランドで唄われていた民謡や牧歌などの何かの一節なのかもしれません。



この楽曲も教会のような建物内で歌っている視覚的効果もありますが、無伴奏でアカペラだと聖歌のような質感が強まりますね。歌詞の内容はまったく分からないですが、それでも感覚的に伝わる部分があるのが、音楽や芸術の素晴らしい部分です。

それでは、今回はこの辺りで。では、また。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

Flëur [ウクライナ]

ウクライナのFlëur / Флёр / фльор(フリョール)というグループの「Никогда(ニィカグダ)」という楽曲の動画をご紹介。



ロシア語圏の音楽を探し求めていた最中に出会いました。正にロシア・ウクライナ的な世界観の楽曲ですよね。流麗なロシア語のメロディーと、隙間からちらちらと垣間見える妖しい視線や、お花が回転していたり、書物の紙片などが燃えているなど、ちょっぴり不気味な謎展開をひたすら使いまわしているだけのシンプルな映像なのですが、この陰鬱で儚げな色彩の感覚的世界は、東欧方面独特な味わい深さがあります。先ず一曲だけロシア語圏の音楽をご紹介するのであれば、私はこの動画をお薦めいたします。その位、お気に入りの動画のひとつなのです!d(´∀`*)

ちなみにグループ名の「Flëur(フリョール)」は、フランス語の「fleur(フルールorフレゥール)」に当たる「花」という意味です。楽曲名の「Никогда(ニィカグダ)」は英語では「Never」の意味です。そんでもって英語に訳された状態の「Fleur - Never」としてもアップロードされている動画もあります。



こちらはおそらく海賊版?しかし、2007年にアップロードされている動画ですし、私が初めて視聴したのも、こちらの方でした。

他にもフリョールの楽曲動画をご紹介したいのですが、残念なことに他にピンと来る楽曲・動画はありませんでした。結構、こういう一曲のみ突出して好みの楽曲があったけれど、他はちょっといまいち…そんなパターンはよくあります。そんなパターンの動画も追々ご紹介してゆく所存。それでは、また。

Flëur - Wikipedia
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Alizbar [ロシア]

今回は、ロシアのケルティックハープ、フルート奏者のAlizbar / Элизбар(エリズバル)の動画をご紹介させて頂きます。



スラブ的なロシア要素はあまりなく、どちらかというと、北欧神話やケルト神話などのファンタジー系の幻想世界やヨーロッパのおとぎ話的な世界観がお好きな方には、どストライクでツボる音なのではないかなと思います。ロシア人だからといって皆がウォッカ片手に「Хорошо!(ハラショー)=良い」とか「Давай!(ダヴァイ)=行け、頑張れ(他用途多数)」とか連呼している人達だけではないのですよ(笑)



幻想的でちょっぴり物悲しくもあり、優美な音色を聴いていると、ロシアの少年少女のようにうっとりしてきちゃいますよね。こういう機械を通していない優しい音色から感じられる癒し。せわしなく世知辛いこの現代社会において、もっと必要だと思うのです。と言いつつ、騒がしい機械音の類いも私は好きですが( ´艸`)



ロシア語の歌声が加わるとスラブ的ロシア感がやや増しますが、優し気な歌い方なため、ケルト、アイリッシュ・ミュージックのロシア語バージョンのような印象を受けます。



円盤型の不思議な造形で、これまた不思議な音色を奏でる体鳴楽器のハング(Hang)またはハンドパン(Handpan)とのセッション動画も、第三の目のサードアイのチャクラを開眼させてくれそうな深みがあり、乙ですな。



虫の鳴き声なども含まれていて、秋の夜長の(まあ、冬でも春でも季節関係なく)疲れた心身へのリラクゼーション、安眠効果などの用途としてもご活用頂ければこれ幸い。



ラストはこちら。楽器や鐘、風のようなものをイメージした音色なども勿論なのですが、映像的にも広大な自然の景観をボ~と眺め、意識だけは僅かでも日常の喧噪から離れ、心身の浄化に役立てていただければこれ幸い。

という訳で今回はこの辺りで。それでは、また。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | -
-|2017年10月 |2017年11月 ブログトップ