So-net無料ブログ作成

Юлия Савичева [ロシア]

寒くなって参りました。そして、ロシアン・ミュージックを聴くに相応しい季節の到来!まあロシア以外の北欧圏の音楽などでも良い感じなのですが。暫くはロシア語圏の様々な音楽を中心に据えつつなスタンスで記事を作成してゆこうかなと思っています。…まあ、私の気分次第でまったく異なる文化圏の音楽も度々挟むかとも思いますが( ´艸`)

それでは、今回はロシアのЮлия Савичева(ユーリヤ・サーヴィチェヴァ)のMVをご紹介。略歴はロシアの歌手にしては珍しく日本語版のウィキがあるので、ご参照下さい。パワフルで伸びやかさのある歌声が魅力です。



楽曲名の「Если в сердце живет любовь」の日本語訳は「心に愛があるなら」や「もし心に愛が生きているなら」といった表現になるようです。こちらは連続テレビドラマ 「Не родись красивой (可愛く生まれなかったら)」の主題歌となり、ヒットした楽曲のようです。こちらのMVにも登場している劇中のヒロインのカーチャは見ての通り、メガネをかけ垢抜けない感じの女の子ですが、実は綺麗で素敵な人だと判明するという筋書のドラマらしいです。カーチャへの応援歌といった感じの構成のMVですね。



この頃のボーイッシュでちょいとパンキッシュな赤髪ショートがとても似合っていて良いです。この辺りが、個人的には一番好きな時代です。ちなみに楽曲タイトルの「Привет」は、日本語での「やあ!」や英語でいうところの「Hi!」に当たる、やや砕けた感じの挨拶になります。実際にロシアのSNSサイトでロシア圏の方々と交流していた際にも、メッセージの冒頭の挨拶の基本はこの「Привет!」が殆どでした。むしろ「Здравствуйте!」よりも若者の間では主流な印象です。



こちらの楽曲タイトルの「Зима」は「冬」です。CGアニメーションにやや古さを感じますが、ユーリアちゃんがピンク色のキャミソールにショートカットの女の子としてアイコン化されていたり、アニメと実写のミックス具合に味があって好いなと思います。



「Стоп」は「Stop」でそのままの意味です。若さ溢れるユーリアちゃんカワユスなぁ(*´ω`*)



「Любовь-Москва」の動画。こちらは「Live」と表記されていますが、バリバリの口パク(笑)もはや「Любовь-Москва」のMVとして視聴しております。この頃のアクティブな動作や表情がもっとも魅力に溢れていて、輝いていたなと思う次第です。まあ、年齢と共に趣味・趣向は変化いたしますし、いつまでもアイドル路線は歩みたくないor歩めないなどの心情は百も承知です。



最近のものが決してダメな訳でもないですが、個人的に琴線に触れる楽曲は少ないですね。こちらの「Невеста」(意味は花嫁)は好きですが。こういったユーリアちゃんの長所である伸びやかな歌声の曲調が最近の楽曲では少ないのが残念に感じます。長所は活かすべきだと思うのです。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。