So-net無料ブログ作成

Монеточка - Каждый раз - Новогодняя ночь на Первом 2019 [ロシア]

新年明けましておめでとうございます。からぼちぼち一ヶ月経過してしまいそうですが、記事にしておきませう。以前にも拙ブログで取り上げたМонеточка(マニェータチカ)の「Каждый раз(カァディ・ラズ:いつでも、いつも、毎回)」の大晦日、新年明けましておめでとうテレビ放映バージョンのMVかな?



アニメ声と詩を淡々と詠むような流麗なロシア語の音韻が非常に美しくて良きですな。

以上です。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加中です。気が向いた際にお手数ですがポチって頂けると、もれなく私のモチベーションが向上いたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Тимати [ロシア]

作成中で暫し放置気味だった記事を更新しておきます。今回はちょこちょこと拙ブログ記事でも登場しているロシアのタタール系ラッパーのТимати(ティマティ)こと通称「Mr. Black Star(ミスター・ブラック・スター)」本名はТимур Ильдарович Юнусов(ティムール・イリダロヴィチ・ユヌソフ)のMVや楽曲動画を時々無性に聴きたくなるのでまとめておきます。



この「В клубе(フ・クゥルベ:クラブで)」のMVがティマティの初見動画でした。「おお…ロシアでもようやくちょいと垢抜けた感じのラッパーが登場してきたか」という印象を受けました。楽曲自体は2006年辺りにリリースされていて、私が発見したのは確か2008~9年頃だったかなと思います。ロシア人=スラヴ系の金髪碧眼の白人をイメージしがちですが、彼の父はタタール人で母親はユダヤ系のアシュケナージです。何にしてもこの頃のティマティの所作風貌が若い( ´艸`)



こちらの動画はちょいと話題になっていたようです。酒盛りに興じるアゼルバイジャンのおっさん達に扮したフリースタイルラップ調な「メイハナ(Мейхана)」と呼ばれる即興詩を披露し合うとある動画をパロディーで再現した「#ДАВАЙДОСВИДАНИЯ(ダヴァイダスビダーニャ:さっさと帰りな)」です。この動画についてや「メイハナ(Мейхана)」について詳しくはこちらの記事をご参照されたし。



お次はラッパーL'One(エル・ワン)とサックスやクラリネット奏者のСергей Мазаев(セルゲイ・マザエフ)がフィーチャリング参加している「GQ(ジーキュー)」のMVです。



続きましては、これまた度々登場してきているロシアのラッパーのЕгор Крид(イゴール・クリード)との楽曲の「Где ты, где я(グジェ・ティ、グジェ・ヤ:お前はどこにいる?)」のMVです。凄くキャッチーな楽曲です。ロシア語が分からずともなんとなく歌詞の内容なども映像で見て取れるほどとても分かり易い展開になっていると思います。この辺り(2016年前後)からティマティは随分と年相応におっさん化というか太り始めてますな( ´艸`)



今年「35(トゥリッツァッチ・ピャーチ)」のMVです。35歳記念の楽曲MVといった内容かなと。金歯とか趣味悪い感じが90年代後半~2000年代初頭辺りに台頭してきたアメリカ南部出身の品のないラッパー達を彷彿とさせていてなんだかなぁと思いますが。0:49から「Давай, до свидания!(ダヴァイ・ダスビダーニャ:さっさと帰りな)」とキックしていたりしています。とにもかくにもティマティの風貌大分おっさんになりましたな( ´艸`)



こちらは「Грозный(グロズヌイ:恐怖)」という楽曲のようです。リミックス楽曲なのかなと思われます。こういうロシアというか中央アジア系民族音楽サウンドのトラックにロシア語のメロディー。私は大好物です。

以上です。長々とご視聴・ご閲覧ありがとうございました。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加中です。気が向いた際にお手数ですがポチって頂けると、もれなく私のモチベーションが向上いたします。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Егор Крид feat. Филипп Киркоров - Цвет настроения черный [ロシア]

初視聴時にはちょっと癖になる位の印象で、別にそれ程好きな楽曲だなと思っていなかったのですが、何だかんだついつい癖になり再生してしまう。脳内でリフレインしてしまっている。という訳で記事にしておきます。

拙ブログでもフィーチャリング参加の楽曲記事などで度々登場しているロシアのラッパーというかほぼポップシンガー的存在のЕгор Крид(イゴール・クリード)名義でブルガリア出身の大御所シンガーであるФилипп Киркоров(フィリップ・キルコロフ)がフィーチャリングで参加している「Цвет настроения черный(ツヴェット・ナストラィニャ・チョルニィ:気分は黒色)」です。キルコロフのおっさんについては存じ上げなかったので調べてみたところめちゃめちゃ癖の強い御仁で歌声同様すんごいねっとりしたキャラクターだなと思います。奥さんはАлла Пугачева(アーラ・プガチョワ)。ソ連時代からロシアで活動していてなんと御年51歳。数々のエピソードについては日本語版ウィキをご参照されたし。前置きが長くなりましたがMVをご視聴あれ。



楽曲の開始は2:37から。Тимати(ティマティ)も登場していますね。連呼している「Черный(チョルニィ)」という単語は黒のことです。言葉は分からずとも何となくお芝居の流れは把握できる内容になっているかなと思います。個人的には3:23付近でイゴールの着用しているライダースに記されている日本語の「安定している流れ/提示された/物事が起こる」がちょいとお気に入り。それと以下に拙ブログ内にて取り上げたイゴール参加の記事リンクを貼り付けておきます。

Полина Гагарина(ポリーナ・ガガーリナ)の記事内「Команда 2018」

Тимати feat. Мот, Егор Крид, Скруджи, Наzима & Terry - Ракета

以上です。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加中です。気が向いた際にお手数ですがポチって頂けると、もれなく私のモチベーションが向上いたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Отава Ё - Как на горке, на горе [ロシア]

ロシアのフォークロックバンドОтава Ё(オタヴァ・ヨ )の新作MVがとっても好い感じでしたので記事にしておきます。



「Как на горке, на горе(カク・ナ・ゴルキィ、ナ・ゴォレ:かつては高い丘の上に)」のMVです。※楽曲の開始は0:36辺りから。何というか疲れきった身体(五臓六腑)に染みわたる暖かい音色の数々。ロシア(スラヴ)民謡のメロディー。たまらんぜよ(´∀`)y─┛~女性の華やかでちとうるさい感じのプラトーク(Платок)の配色パターンが非常にロシア的だなと。こういう楽曲的にも視覚的にも古典的な如何にもロシア色全開な世界観を表現し尚且つクオリティーも高く面白いなと思うグループはこのОтава Ё(オタヴァ・ヨ )の方々か、Нейромонах Феофан(ニェイロモナフ・フェオファン)くらいかなと思います。この手のグループって多いようでそれほど多くもないですし。

以上です。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加中です。気が向いた際にお手数ですがポチって頂けると、もれなく私のモチベーションが向上いたします。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

LOUNA - Полюса [ロシア]

ロシアのモスクワで活動しているオルタナティブメタル/ニューメタル系ロックバンドのLOUNA(ロシア語表記:Луна/ルナ)のメロディアスでラウドな「Полюса(ポルーシャ:極、極地、英語のPole)」のMVを記事にしておきます。



やたらとこの楽曲は無駄がなくてソリッド且つMVの演出がスタイリッシュでやたら格好良いなと第一印象でお気に入りに追加しました。きっとこの手のサウンドが好みの方はСЛОТ(スロット)などもイケるかなと思います。

今回は非常にタイトな記事と相成りましたが、以上です。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加中です。気が向いた際にお手数ですがポチって頂けると、もれなく私のモチベーションが向上いたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Монеточка [ロシア]

ロシアのアニメ声エレクトロ・ポップ系のシンガーのМонеточка(マニェータチカ)のMVを幾つかご紹介。



初っ端から18禁映像なのですが、つい先日(8月21日)にアップロードされたばかりの「19(ヂヴィノースタ)」のMVを貼り付けます。すんごい可愛らしくキャッチーな声質にロシア語の流麗で美しい発音、そしてティーン・ポップ調な爽やか且つ鮮やかめな曲調なので、この動画内容の何が18禁なんざんしょ?などと思っていたのも束の間、後半になるにつれてなかなかにバイオレンスな展開。サウンドと映像との乖離が半端ないなと。こういう不条理で救いようがない感じが非常にロシアっぽいなと思います。



続きましてはNoize MC(ノイズ・エムシー)の楽曲「Чайлдфри(チャイルドフリ)」のMVです。マニェータチカちゃんはフィーチャリングで参加しています。こちらも非常に救いようがなく不条理で人間の強欲さや現実のエグさが垣間見える鬱展開で視聴してしまったことを後悔するようなパンチが効き過ぎていている映像内容になっています(笑)こういうスパイスが効き過ぎてきっつい感じが非常にロシアっぽいなと思います。



リアルめで可愛らしさの欠片もなくむしろ若干怖さすら感じるアニメ調のMV「Запорожец(ザパロージェツ)」です。そして、ところどころ表示される日本語表記のテロップが絶妙な味わい。こういう斜め上なセンスが非常にロシアっぽいなと思います。

以上です。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加中です。気が向いた際にお手数ですがポチって頂けると、もれなく私のモチベーションが向上いたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Дмитрий Юрков - Кавказ [ロシア]

ロシアの元軍人の渋っいおっさんシンガーДмитрий Юрков(ドミトリー・ユルコフ)ことДмитрий Юрьевич Юрков(ドミトリー・ユリィヴィッチ・ユルコフ)の「Кавказ(カフカス:コーカサス)」のMVを記事にしておきませう。



楽曲名の如くリズム・音色、そして衣装などこってこてのチェチェン人のようなコーカサス地方の国々の伝統文化を表現していてなかなか興味深いなと。そしてついでにもしかするとユルコフ氏って顔は思いっきりスラヴ系ロシア人の風貌でロシア語で歌唱しているけれども、実はほんのりでもコーカサス系の血が混じった方なのではないかな?と思い調べてみましたが、やはりそういう訳ではないようなので、どうやらこのMVにおいてのわりと似非めなコーカサススタイルだった模様(笑)

以上です。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加中です。気が向いた際にお手数ですがポチって頂けると、もれなく私のモチベーションが向上いたします。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Султан Ураган [ロシア]

ロシア連邦、ダゲスタン共和国のマハチカラ出身のラッパーСултан Ураган(スルタン・ウラガン)のMVをふたつ記事にしておきませう。スルタンとかいかにもなムスリムなMCネームなのでタタール系の方なのかなと思いましたが、カフカス系でした。当たらずしも遠からず。



「Я без оружия(ヤー・ベズアロージヤ:私は武器なしで)」のMVです。Потап и Настя(パタップ・イ・ナスチャ)のパタップのようなタイプのコミカルなだみ声気味フローで、よりいっそう香ばしさというかイナたさが否めない愛嬌ある感じ。サウンド的にも硬派なヒップホップというよりはキャッチーなポップスといった印象なのですが、ロシアンポップス特有の切なさや哀愁などはほぼ皆無でからっとした楽曲になっております。この辺りはモスクワやペテルブルクなどの首都圏とは違いロシア連邦内であっても文化が異なるため地域差のようなものが大きく影響しているのかなと思います。



こちらもウラガン氏と同じくカフカス系のロシア連邦構成国であるカバルダ・バルカル共和国出身の歌ウマ美少女のДениза Хекилаева(デニーザ・ヘキレアヴァ)ちゃんとの楽曲の「Глаза небеса(グラザニビサ:天国の瞳)」です。デニーザちゃんのあどけない風貌から想像できない太くてとっても格好ヨロシで素敵な歌声。そんでもってこの堂々とした歌いっぷりで若干12歳(12月で13歳)なのも驚きのひとつです。シンガーソングライターとして本格的にデビューしたら是非記事にして改めて紹介したいなと思っています。そしてウラガン氏のラップは最早賑やかしですな。何だかJポップソング並みなどキャッチーさと歌のお兄さん的動作に何故かにやけてしまう( ´艸`)ひげ面グラサンのおっさんが何やっとんねんと(笑)

以上です。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加中です。気が向いた際にお手数ですがポチって頂けると、もれなく私のモチベーションが向上いたします。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Тимати feat. Мот, Егор Крид, Скруджи, Наzима & Terry - Ракета [ロシア]



ロシアのタタール系ラッパーの火付け役Тимати(ティマティ)の最新MV「Ракета(ロケッタ:ロケット)です。 フィーチャリング参加としてМот(モットゥ)、Егор Крид(イゴール・クリード)、紅一点シンガーのСкруджи(スクールジ)、Наzима & Terry(ハジマ&テリー) が参加。やはりティマティのラップが何だかんだで一番安定感があります。サッカーユニフォームが散見できる点はサッカーワールドカップの余韻のようなものでしょうか。2ヴァースめのСкруджиの箇所辺りまでは最近のありがちな曲調であってもそこそこ良い感じなのでは?と思えましたが、Наzима & Terryの3ヴァースめがちとイナた過ぎて残念だなと。

短めですが今回は以上です。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加中です。適当にポチって頂けると嬉しい限り。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

Оля Кекс [ロシア]

ロシア、サンクトペテルブルク出身のクールなヒューマンビートボクサー/ラッパー/トラックメイカーのОля Кекс(オーリャ・ケークス)ことОльга Пьянова(オルガ・ピヤナワ)の演奏動画を幾つかご紹介。



ルーパサンプラー(サンプリングした素材をループさせる機材)を駆使した「Со мной(サムノイ:私と一緒に)」の演奏動画です。いやぁこれシンプルだけれどもめっちゃカッコイイ!!d(´∀`)ギターの弦をかき鳴らしてスクラッチ音として組み込んだり、エフェクトのかけ方にトラックメイキングのセンスを感じます。ゆるめで等身大のフローも聴いていて心地好い。



こちらはシンガーのAnn Jarel(アン・ジャレル)ことАнна Ксендзик(アンナ・ケセンジィク)との「самолёты(スマリョーテ:飛行機)」の演奏動画です。これもめっちゃええやん!!d(´∀`)d(´∀`)ポップスとしても通用するキャッチーさが備わった良曲だと思います。



「ЛавСтори(ラヴストリ:ラブストーリー)」の演奏動画です。どことなくこの詰め込み系のロシア語フローの感じはNoize MC(ノイズ・エムシー)に似ているなと感じます。楽器が弾けるラッパーとして共通点もありますし、少なからず影響を受けているのではないかなと思います。



こちらは評価されれば一攫千金狙えるよ的システムのテレビ番組出演時の映像で「二ェヴィジョト:運がない(ツイてない)」という楽曲のパフォーマンスをしているようです。最近割とあちこちで見かけるので、最近のロシア語圏でのスラング的表現なのかと思いますが、ロシア語でオーリャちゃんのスキルフルなプレイに私も「Супер(スーパー)」と褒め称えたい。



ついでに締めで上記の動画も貼り付けておきます。これはいつ放映された番組の映像かは不明ですが、アップロード日時が「2012/03/24」と表示されているので、少なくとも2012年以前のはず。というとオーリャちゃんは1997年10月生まれなので2018年7月現在20歳で6年前ということになり、14歳以下のはず。14歳よりも幼く見えますが、とにかく14歳以下でこのスキルは驚嘆です。洋の東西問わずフィメールラッパーの多くは得てしてやさぐれビッチ系な方向に進んでしまうパターンが多いのでオーリャちゃんには今の等身大のスタイルを貫いていって頂きたいなと切に願います。というのも過去にYouTubeで視聴して知ったヨーロッパ某国のビートボクサーの女の子がビートボックスの大会で優勝し知名度を上げ、自国でフィメールラッパー/シンガーとしてデビューし、数年経過後にものの見事にやさぐれビッチ化してしまっていて残念に感じたことがありまして。まあオーリャちゃんは楽曲センスや自己プロデュース能力も傑出していそうなので更に大成しそうな気がいたします。

今回は以上です。それでは、また(´ω`)ノ
ランキングに参加中です。適当にポチって頂けると嬉しい限り。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽